乾燥肌で敏感肌!!

 

肌荒れトラブルに悩む30代です。

 

肌荒れを改善するためにもまず洗顔方法を

 

考えなくてはいけないです。

 

 

乾燥肌で肌荒れ!正しい洗顔方法とは?

 

 

私は、乾燥肌が一番の肌の悩みです。

 

特に冬場が一番酷いですが、基本年中乾燥している部分があります!

 

特に酷いのが、指先と足の裏が乾燥でヒリヒリします。

 

後は、お腹周りと背中なんかが荒れてきます。

 

口周りも乾燥してよく唇が荒れています・・・・。

 

こう書いてみると殆ど全身ですかね!

 

悲しくなってしまいます。

 

 

顔の方は、若い頃はニキビが多かったです。

 

乾燥肌と思ったのは大人になってからですが、

 

若い頃の私はニキビにかなり悩んでいました。

 

特に中学生の頃は思春期のためか、

 

ニキビが酷いと学校に行くのも嫌なくらい

 

大きいのが出来ていました。

 

ニキビに悩んでいた頃はあまり相談できる人も

 

いませんでしたし、ニキビで病院に行くなんて

 

発想すらないですから、

 

一日に何回も顔を洗っていました。

 

特にニキビが酷い時は、少しでも早く治したいと言う

 

気持ちが強く、ゴシゴシと痛みに耐えながら

 

治したい一心で洗顔してました。

 

今考えれば、そんなにゴシゴシは洗って

 

肌を傷つけないでと思いますが、

 

当時は何も考えて無かったんですね!

 

恐ろしいです・・・・。

 

 

なぜ毎日洗顔をするのでしょうか??

 

 

当然のように毎日洗顔をしていますが、

 

洗顔をする理由とは何なのでしょうか?

 

・酸化してしまった皮脂を落とすため

 

・顔に付いた汗、ホコリ、垢を落とすため

 

・ターンオーバーの妨げをしないため

 ※ターンオーバーとは、肌の生まれ変わり

  (肌は常に入れ替わっている)

 

 

顔に付いた不純物を洗い流すために洗顔をするのです。

 

1日に何回も洗顔をしてしまいますと

 

ターンオーバーを早めてしまいます。

 

ターンオーバーで肌の表面に押し出された

 

『古い角質』

 

この古い角質は、水でサッと洗うだけでも剥がれ

 

落ちてしまうんです。

 

結果『洗いすぎる』とターンオーバーが早くなってしまい

 

肌荒れの原因、乾燥肌の原因ともなってしまうのです。

 

 

洗顔とはターンオーバーを正常に働かせるために

 

顔に付いたホコリや垢、汗などの邪魔な物を排除する

 

作業なんです。

 

 

なので、何度も洗ってしまいますと角質が取れて

 

しまい、肌の保湿を守るバリア機能が低下してしまい

 

肌荒れや乾燥肌、ニキビも出来やすく

 

なってしまうのです。

 

 

正しい洗顔方法とは?

 

その前にやってはいけない洗顔方法をお伝えします。

 

冷たい水や熱いお湯で洗顔する。

 

洗顔料(石鹸)の泡が少ない

 

2分以上洗顔をしてしまう

 

ゴシゴシと強く洗っている

 とくにTゾーン辺り

 

1日3回以上洗顔してしまっている

 

ニキビの時にいつもより念入りに洗顔している

 

タオルでゴシゴシと擦るように拭き取っている

 

 

上記の方法がやってはいけないNGな洗顔方法です。

 

この洗顔方法をしないようにと考えると

 

正しい洗顔方法が見えてくると思います。

 

1、手に付いている雑菌から落としていきます。

   顔に雑菌が移らないようにするためです。

 

2、ぬるま湯で洗う。

  まず、洗顔料を付ける前段階で汚れを

  落ちやすい状態にしていきます。

  温度の目安は33度前後が良いです。

 

3、洗顔料をよく泡たてる。

   私は泡たてるのが苦手なのネットを使います。

   きめ細やかや泡を作ります。

 

4、力を入れないで優しく優しく洗います。

   泡で汚れを落とす感じで擦りすぎないように。

 

5、ぬるま湯でしっかりと洗い流す。

   手の平にぬるま湯を溜めて、その中に顔を付ける

   感じですすぎます。

 

6、清潔なタオルで拭き取る。

   擦らないでタオルに水分を吸収させるように

   水分を取る。

 

これらが正しい洗顔方法です。

 

この正しい洗顔方法さえしっかりと出来るようになれば、

 

顔のトラブルはだいぶ改善されます。

 

私もこの方法は皮膚科で指導を受けて

 

嘘のようにニキビが減りました。

 

でもこの中で意外と忘れてしまうことがあります。

 

清潔なタオルを使用する

 

清潔なタオルで拭くのは当たり前と思うと思いますが、

 

ここが意外と盲点なんです。

 

よくあるご自宅ですと洗面台の横に

 

タオルを掛けてないですか??

 

我が家は昔からそうです。

 

家族皆で使用していて、

 

よっぽど汚れていたり、ビショビショでなければ

 

それを使用していました。

 

一人暮らしになっても夜タオルを使用した後、

 

新しいタオルを掛けておきます。

 

浴場の横に洗面台はありますので、

 

お入浴後の湿気が夜の間にいっぱい付いてます。

 

朝それを当然使います。

 

夜にもまたそのタオルを使用する。

 

 

あなたもそうではないですか??

 

 

入浴後のバスタオルは毎回新しいタオルですが、

 

意外と洗顔などのタオルは1日使用する人が多いです。

 

そうしますと!!

 

ビックリすることに一度使用したタオルには・・・・。

 

約2000ものが付いているんです。

 

一度使用したタオルや濡れたタオルを利用するという事は

 

その菌がいっぱい付いているタオルで顔を拭いている

 

ことになるんです。

 

せっかく正しい洗顔方法でケアをしても

 

洗顔後にそんなタオルを使用してしまったら

 

元も子もないですよね。

 

肌荒れも治りません。

 

私はこの衝撃の事実を知ってからは

 

必ず、新しいタオルを使用しています。

 

 

洗濯の量が少し増えてしまいますが、

 

そのおかげで、肌荒れも少し改善した気がします。

 

 

洗顔後は、スキンケアのことばかりが気になってしまいますが、

 

洗顔後の直ぐ、タオルが清潔かどうかで、せっかくの

 

洗顔が台無しになってしまいます。

 

菌いっぱいですからね・・・・・。

 

 

洗顔後のケアをしっかりするためにも

 

正しい洗顔方法をマスターしましょう。

 

そして、タオルも気をつけましょうね。