乾燥肌で敏感肌という方は、

 

常に『保湿』の事を考えていると思います。

 

私も乾燥肌で敏感肌なので、常に私の

 

肌に合った保湿剤を探していました。

 

 

乾燥肌で敏感肌、肌に優しい保湿剤が欲しい

 

 

乾燥肌で敏感肌で悩んでいるあなたは、いくつもの

 

ケア化粧品、保湿剤を試してきたと思います。

 

私も市販の物から病院で処方されたもまで、

 

色々なタイプの保湿剤を使用してきました。

 

どの保湿剤も使用している時は、肌に合うと思い

 

使用していましたが実際は長くは続かないものばかりでした。

 

 

 

乾燥肌、敏感肌にしてはいけない間違ったスキンケアとは

 

 

乾燥肌で敏感肌ですと、本当に気をつけて化粧品やスキンケア方法に

 

気を使っていると思います。

 

しかし、それでも悪化するようでしたらまず、

 

あなたのスキンケアが間違っているかもと疑ってください。

 

●自分に合っていない化粧品を使用している。

 エタノールや鉱物油などが入っていますと

 敏感肌には刺激が強いです。

 あなたの化粧品の成分に入ってないか確認してください。

 

●クレンジングの際に強い力でゴシゴシと擦っていませんか?

 クレンジングの量が少ないと、メイクとよく馴染ませることが

 出来なくなり、肌を擦って肌への摩擦が大きくなってしまいます。

 

●ぬるま湯を使いましょう。

 冷たい水や熱いお湯を使用してしまうと必要以上に

 皮脂を取りすぎてしまい乾燥が酷くなってしまいます。

 シャワーを直接顔に当てるのもNGです。

 とくにすすぎはぬるま湯35度前後でしっかりと

 洗い流しましょう。

 

 

上記の方法を現在のあなたのスキンケアと比べるだけでも

 

乾燥肌、敏感肌の改善の一歩となります。

 

保湿剤の選び方

 

保湿剤・保湿クリームは乾燥肌、敏感肌改善には

 

必要不可欠です。

 

では、実際にはどのように選んでいけばいいでしょうか?

 

① セラミド配合の保湿剤を選ぶ

 

  乾燥肌は、肌のバリア機能が低下している状態です。

  そのためにもっとも高保湿な成分が『セラミド』です。

 

② 乾燥の状態から選ぶ

 

  高保湿のセラミドは、高価なものが多いです。

  なので、そこまで重症な乾燥肌でなければ、

  ・コラーゲン

  ・ヒアルロン酸

  などのセラミドに次いで保湿の高い成分のものを選んでも

  良いと思います。価格も安心ですし。

 

③ 顔と体に分けて保湿剤を使い分ける

 

  乾燥、敏感肌になりやすい部位は

  顔・腕・足が多いです。

  顔はとくに皮膚も薄いので

  フェイス専用などを低刺激なものを選ぶと良いです。

  商品によっては顔も含め全身に使えるタイプもありますので

  肌の状態によっては楽に使用できるのも有りだと思います。

 

 

あなたに合った保湿剤を探しましょう

 

 

保湿剤は本当に多くの種類があります。

 

あなたに合ったものを使用してください。

 

どんなに高価な保湿剤を買っても、正しい方法でなければ、

 

無駄になってしまうこともありますし、

 

高価だから効果が強いとも言い切れません。

 

そして保湿剤だけを塗っていれば、乾燥肌敏感肌が改善されるわけでは

 

ありません、体の内側と外側からしっかりケアをすることで

 

改善されていきます。

 

最後に私が愛用している保湿剤がありますので、

 

ご紹介しておきます。

 

たくさんのケア商品を使用してきて

 

たどり着いたのがこちらです

 ↓  ↓  ↓

無添加で肌に優しい保湿剤!!

 

あなたの参考になったら嬉しいです。